きれいな歯並びでこころもからだも健やかに
 最近の子供たちは、柔らかい物を流し込むように食べて十分に咀嚼しないため、噛む力が伝わらず顎の発達が悪くなるケースが多く見られます。その場合、顎骨の幅が狭くなる上、以前より歯のサイズも大きくなっているため、歯が顎骨の上で場所の取り合いをし、歯並びが悪くなってしまうのです。結果として噛み合わせも悪くなり、顎や肩の筋肉が余分な仕事をして肩凝りや偏頭痛等を引き起こします。そこで、歯並びをよくする矯正が必要になります。よい歯並びで咀嚼することは脳にもよい影響を与えるので、矯正は見栄えばかりでなく、健康や長生きにもつながるのです。